本文へジャンプ

画像に影をつけて絵に深みを出す

影の設定 3つの図形のみで猿を描いてみました

1.使用する図形は3つ 
基本>楕円 月
フローチャート>論理積ゲート
 
2.顔 耳 目など 基本>楕円
  口 基本>月
  体 基本>円+月
  手足 フローチャート>論理積ゲート
   
3.影のつけ方
図形の上で右クリック
図形の書式設定またはオブジェクトの書式設定を選択します
画面右側に図形の書式設定が出ますので影を選択 色や位置を調整します  
4.図形 影  標準スタイル

見た目でどんな影にしたいか選択できます
色 影の色を選びます
透明度 0%濃い→100%薄い
5.サイズ 影の大きさ
 (図形と同じ大きさは100%)
 
6.ぼかし 0pt はっきり⇔数字が大きくなるにしたがいどんどんぼけていく 
7.角度 図形に対して指定した角度に影の方向がくる  
8.距離 図形から影までの距離 数値が大きい→遠くなる   
9.はっきりしたラインの影を作りたいときは 影の機能を使わずに同じ図形のコピーを作り下の図形の色を変更し少しずらすという方法もあります。
簡単に位置が調整できます
 
10.基本の猿を作ったら コピーやグループ化をしアレンジを楽しみましょう
猿は寄り添いあって丸くなっているところが可愛いので 手足にこだわらず描いてみるとより簡単に描けます 
   
      



 Wordで楽しい生活を all rights reserverd.    ページの先頭へ