本文へジャンプ

お正月のおもてなしにいかがでしょうか

箸袋を作る 2 花餅飾りのイラスト

梅の花を描く
挿入>図形>円楕円 円を描く(Shiftを押しながらドラッグすると正円が描ける
Ctrlを押しながらドラッグを繰り返し花弁を描く
 
おしべを描きます
図形>星とリボン 星8を選択
黄色い□ハンドルを中央に向かってドラッグ(星8が無い場合は直線を組み合わせます)
1.挿入>図形>線 直線 十字を描く
2.2本の直線をクリック グループ化
3.Ctrlを押しながらドラッグ(コピー)
4.Shiftを押しながら回転ハンドルを回し45度回転させる(Shiftを押しながらドラッグさせると15度ずつ回転される
 
 
作業がやりにくい時
回転ハンドルが無い場合
ワード画面を拡大してみます
花粉の小さい丸が描きにくい
Shiftを押しながら大きな図形と小さな図形を同時に選択し、大きな図の□をドラッグし縮小させる
または大きく作ってグループ化した後縮小する
 
 
小花を描く
挿入>図形>基本図形 涙型(無い場合は円楕円でもOK)を描く
Ctrlを押しながら図形をドラッグ コピーを3枚作る
描画>書式>回転 右に90度回転
残りの図形も右に90度を2回 3回繰り返す
4つの図形を組み合わせ花形にする
Shiftを押しながら4つの図形を選択
描画>書式>グループ化
Ctrlを押しながらドラッグ(コピー)
角の□を内側にドラッグ(縮小させる)
描画>書式>塗りつぶし 色を変更
コピー元の花の上に配置
中央に小さな円を描く
花餅を描く
挿入>図形>基本図形 円弧を選択
クリック&ドラッグで弧を描く
 
ドラッグする終了の位置によって弧のカーブ角度が変わりますので試してみてください
描画>書式>回転 弧を回転させる
挿入>図形 円楕円を選択
Shiftを押しながらドラッグ(正円を描く)
適当な位置に円を配置
塗りつぶしの色 色を変更する
葉っぱを描く

ワード2007あたりから追加された機能 ワードで描いた図形でも頂点の編集ができるようになりました
その機能を使ってみましょう

挿入>図形>基本図形 円楕円
描画>書式>塗りつぶし グラデーション>その他のグラデーションをクリック

 
塗りつぶし>グラデーションにチェックを入れる
グラデーションの色を変更する
葉っぱの色の薄い色を選択
グラデーションの分岐点の右側をクリック
葉っぱの濃い色を選択 中央あたりにある2つの分岐点をクリックし分岐点の削除をクリック
線(または図形の枠線)を選択 線なし
 
編集する図形を選択
描画>書式>頂点の編集
 
編集をしたい■にカーソルを合わせる
カーソルの形が変わったら
 
その場で右クリック 『頂点を基準にする』を選択(■から伸びた直線が■を基準に折れるようになる)

先をとがらせたいときは頂点を基準にするを選択
 
線の端の□にカーソルを合わせドラッグ(葉っぱの先が鋭角になる)
Ctrlを押しながらコピー
回転させ好みの位置に配置する
 
ワード2007以前のバージョンのかた
オートシェイプのフリーフォームを選択
4点をクリックした後、最初の位置でクリック(線が閉じる)
曲線にしたい部分の■にカーソルを合わせ右クリック
『頂点を中心にスムージングする』を選択
白い□をドラッグすることでカーブの大きさや方向が変わる


とがった部分を滑らかにしたいときは頂点を中心にスムージングするを選択
 
花餅飾りが完成  



 Wordで楽しい生活を all rights reserverd.    ページの先頭へ